ベル自動車工業からのお知らせ?

ベル自動車工業のNo.1営業(下から数えても・・・)からのお知らせ?

フィアット500修理です。

症状は、エンジンオイル警告灯がたまに点灯する。

アイドリングで点灯するなどしていました。

オイルフィラキャップ(エンジンオイルを入れる口)から覗くとオイルがヘッドまで回ってきている様子だったので・・・

点検するのも面倒なので・・・

部品注文です。

IMG_3088

と言う事で届いた部品に交換を・・・

オイルプレッシャースイッチを外し・・・

この部品はエンジンがかかると圧送されて来た油圧に反応しメーター内のエンジンオイル警告灯を消灯させます。

IMG_3087

奥側に新しいオイルプレッシャースイッチが付きました。

エンジンを掛けて得に問題無く・・・???

警告灯が点灯しました・・・・治っていません!!

警告灯は正確に反応して表示していた様で・・・

面倒くさがった私の・・・・・・・・・・

実際に油圧が低下している様です。

DSC_0793

その為今度はまじめに油圧を測ってみようと・・・

写真は油圧を測る為の油圧計です。

針は上がってないので、油圧0.5g/ですが・・・

エンジン停止時です。

次はエンジン始動して測ります。

実際には0.5kg/㎠まで上がっていましたが・・・???

単純に写真撮り忘れました。

油圧が上がらないのは・・・

エンジンオイルが入ってない・少ない・交換をせずにドロドロになったオイルが循環出来ていない・スラッジ(オイルの汚れカス)が吸い込み口を詰まらせるなど・・・

ポンプの故障でももちろん起こります。

DSC_0777

原因追及の為、オイルの溜まっているオイルパンを外してチェックです。

途中写真が撮れなかったので、前後しますが・・・

中央の丸い部分よりオイルを吸い上げていますが、点検した所つまりなども無く問題有りません。

DSC_0776

先程のオイル吸い込み口を外してみると・・・

怪しい所が有りました。

DSC_0776b

赤く囲って有る部分はしっかり密着していますが・・・

緑色部分は密着がわるくなっています。

サイド取付け気密チェックすると漏れが有りました。

ポンプが吸い上げようとしても、つなぎ目よりエアーを吸ってしまうので、オイルしっかり吸い上げられなかったのが原因でした。

DSC_0794

修理後はしっかり油圧も上がり油圧計の針も上がってくれました。

もちろん警告灯も点灯しなくなりました。

今回はオイルが最低限循環出来ていて焼き付きなどのエンジン破損をする事は有りませんでしたが、本当にオイルが循環出来ていないと・・・・

エンジンオイルの警告灯に限らず何か警告灯が点灯した際は、点検修理が必要な場合が有ります。

取扱い説明書を見たりして適切な対応をする事が、二次的な故障を防ぐ事にもなりますので気を付けて頂けたらと思います。


株式会社ベル自動車工業ホームページ

当店Goo-net在庫ページ

当店カーセンサー在庫ページ

当店ホームページ在庫ページ

ベル自動車ブログ(当店整備工場の・・・)

当店フェイスブックページ 

ベル自動車工業からのお知らせ?(第2ブログ)

DSC_0737

シート生地の汚れをクリーニングしようと思いましたが・・・

リヤシートの座面なので、ボルト2本で外せるし・・・

生地を剥がすのも簡単かと思い・・・

実際ちょっと面倒でした。

DSC_0738

無事に剥がせて大きな桶で洗濯開始です。

基本的にホコリの汚れ?小さい子供が靴のまま乗った様な??感じなので水洗いでも落ちそうな感じでした。

DSC_0739

水で流すだけで出て来ました・・・

汚れが。

DSC_0740

折角なので水洗い後に洗剤で型が崩れない様に優しく洗いました。

後日乾燥したら写真を撮って掲載しようかと思います。

脱着は結構面倒で型崩れや破れ・生地を張った時に上手く出来なかったりすると寂しいシートになってしまいますので、自分でクリーニングをチャレンジする場合は剥がさないでクリーニングをおススメします。



株式会社ベル自動車工業ホームページ

当店Goo-net在庫ページ

当店カーセンサー在庫ページ

当店ホームページ在庫ページ

ベル自動車ブログ(当店整備工場の・・・)

当店フェイスブックページ 

ベル自動車工業からのお知らせ?(第2ブログ)

IMG_2857

ローバーミニの板金修理の意ご依頼です。

駐車場に置いている間にぶつけられてしまったそうです。

相手の方はオーナーを待っていて、きちんとその後の対応をして頂けたとの事です。


☆☆☆ナンバープレートが写っていたので写真は消しました…☆☆☆



よく見るとフォグランプにグリル・バンパーにヘッドライト廻りのパネルなど損傷が有ります。

ここから各部品を取り外したり・・・

鉄板パネルの修正などをして・・・

写真はいつもの様に撮れておらず・・・

IMG_2951

ついでの修理も含め前廻り一式部品の取外しと・・・

IMG_2952

塗装前の下処理など仕手色所です。

グレーの部分はストライプシールが貼って有った所です。

ここは、はがしてそのまま塗装すると塗装後に跡が出てしまうので処置をしています。

IMG_2951

よく見て頂くとフロントウィンドウも外して有ります。

今回はここまで追加作業をさせて頂く事で・・・

IMG_2950

ボンネットはヘコミや石飛などを修正後塗装です。

IMG_2954

本体も塗装の工程へ・・・

IMG_2956

塗装のする以外の部分はマスキングをしてと塗装した所です。

この後塗装した部分の磨き工程を済ませ、部品の組付けになります。

DSC_0664

オーバーフェンダーパッキンは今回劣化していたので新しい物に交換して・・・

DSC_0666

リベット止めで取付けです。

この様なリベットをリベッターを使ってボディーに固定します。

DSC_0667

結構気を使うのがストライプシールです。

今回修理したのはフェンダー部分なので元々有るドアのラインと一直線上に貼る必要が有ります。

DSC_0668

そのまま一発勝負で、いきなり貼る時も有りますが、今回はマスキングテープで基準ラインを張ってみました。

DSC_0670

基準ラインが有っても貼り付ける時に曲がったり引っ張りすぎてラインが伸びて細くなる事も有るので緊張します???

DSC_0671

最後に基準ラインを剥がし、前から横から離れた位置から確認をして完了です。

良く貼るだけでしょと言われますが、簡単に貼る事は難しいです。

DSC_0673

その他パーツも組付け修理完成です。

DSC_0674

ミニもだいぶ少なくなって来た様な感じがしますが、大事に乗って頂き長く残って行って欲しい車です。

当店では以前定番商品車として中古車を数台在庫していましたが、最近は・・・

これからもミニだけでなく、楽しい車をお乗り頂くお手伝いをさせて頂ければと思います。

この度もご依頼有難うございました。




株式会社ベル自動車工業ホームページ

当店Goo-net在庫ページ

当店カーセンサー在庫ページ

当店ホームページ在庫ページ

ベル自動車ブログ(当店整備工場の・・・)

当店フェイスブックページ 

ベル自動車工業からのお知らせ?(第2ブログ)

↑このページのトップヘ