フィアット500のデュアロジック修理ですが・・・

ギヤが切り替わらず、走れない症状で入庫です。

車の写真は、取り忘れました。

多分こんな感じです?

DSC01036

診断ですが、診ようとした時点で???

ドアを開けた時に、始動前準備のデュアロジックポンプの音がしていません。

ポンプが動き油圧で作動させるデュアロジックなので、走れる訳が有りません。

と言う事でコンピューター診断機でのチェックも有りますが、ポンプに電気が来ているか確認です。

DSC01913

電気が来ていなかったのでしょうね?(来ていませんでした。)

途中写真を忘れて、もうモーターが外れています。

通常はこのモーターとポンプ一体での高額部品の交換です。


が・・・・・・・・


分解修理です。

DSC01915

毎度写真が少ないですが・・・

さらに分解して・・・・・・・

修理です。

10万キロも全然行っていないので基本まだまだ使えるはずです。

DSC01918

また元に組み上げて単体作動チェックし・・・・・

車に組み付け・・・・・・・・・・・・・・・・

予定通り?

元気にポンプが動き、元気に走りました。

念の為、しつこく発進・変速を繰り返しテストして完成です。


モーター修理は他でも有りますが、デュアロジックポンプモーターは今回初めてでした。

この車に関しては、内部的にまだまだ頑張れる状態でした。

コスト的にもリーズナブルに修理が終わったと思います。

毎回毎回上手く行くとは限りませんが、こんな修理もしています。



株式会社ベル自動車工業ホームページ

当店Goo-net在庫ページ

当店ホームページ在庫ページ

ベル自動車ブログ(当店整備工場の・・・)

当店フェイスブックページ 

ベル自動車工業からのお知らせ?(第2ブログ