DSC_0656

今シーズン1番目のスタッドレスタイヤの入替えです。

当店引取り先からは10月に入ってから案内等は来ていましたが・・・

タイヤの交換は機械無しでも出来る物も有りますが、基本的に機械を使って交換をします。

DSC_0657

ここはエアーを入れるバルブです。

ゴム製で経年劣化が有りエアーもれなどの原因にもなるので数年ごとに交換をしています。

DSC_0658

裏側より差し込みきつく押し込まれていて気密を保っています。

DSC_0659

ホイールに新しいスタッドレスタイヤや組付け・・・

終わりです???

ではなく・・・

DSC_0660

バランサーにかけてバランスがくるっていないか点検です。

機械にセットし回転をさせながら点検します

DSC_0661

この様にホイールの内側と外側で数値が出て来ます。

調整後なので両方ともに0になっていますが、内側10g外側30gなどと表示がでたら、ホイールに指示された重さのウェイトを付けて再点検し0が出たら完了です。

バランスが合っていないとハンドルが振動をしたり、車自体が振動をしたりします。


今回は早いスタッドレスタイヤの準備ですが、決して早すぎる事は有りません。

スタッドレスタイヤはシーズン物で春前には売れなくなります。

メーカーは売れ残らない様に計画をして生産をしていますので、欠品をするとシーズン内には再生産をしない事が多々有ります。

毎年、年末や年明けなどに注文のお相談を頂くと欠品していたり、安く買える物が無く高い物しか残っていないなど有ります。

早目に準備を進めると困る事が少なく安心です。

ご相談お待ちしております。



◎情報◎

タイヤ交換時に廃棄するタイヤに対して廃タイヤ処理費用が掛かります。

普通のごみとしては処分が出来ませんので、当店でも廃タイヤ専門の処理会社さんへ持込みをしております。

費用が掛かる事をご理解頂ければと思います。


株式会社ベル自動車工業ホームページ

当店Goo-net在庫ページ

当店カーセンサー在庫ページ

当店ホームページ在庫ページ

ベル自動車ブログ(当店整備工場の・・・)

当店フェイスブックページ 

ベル自動車工業からのお知らせ?(第2ブログ)