ベル自動車工業からのお知らせ?

ベル自動車工業のNo.1営業(下から数えても・・・)からのお知らせ?

カテゴリ: 修理

IMG_4058

以前より相談を頂いていたアルファードですが、試乗チェックしても再現せず実際にお客様が乗られている時も極稀に出る症状で車検やその他の作業時に診させて頂いていました。

始めの頃は一時間くらい走行や高速を走った後に、減速中の止まる直前にエンストするとの事でした。

今回は信号待ちなどでエンジンが振動(アイドリングが若干低い)感じと、クリープでの動きが弱かったりハンドルが少し重い症状も有るとの事です。

IMG_4059

以前からアイドリングの制御に問題が有りそうですね、と話していたのですが・・・

特に異常も無く・・・

キチンと制御出来ていましたし、エラーコードの入力も無しです。

予算を買掛けたくないとの事だったので、様子見を続けていました。

今回は何かをしてほしいとのご依頼で・・・

アイドリングに関係するスロットル廻りのチェックを。

IMG_4060

極端な汚れは無いです。

ちなみに走行距離は14.6万キロで、オイル交換などのメンテナンスは・・・・

使用ガソリンはハイオク仕様ですが・・・

IMG_4061

まぁ普通の汚れ方で、もっと汚れているかと思っていましたが・・・

IMG_4062

ちなみに2枚目の写真の裏側です。

IMG_4063

スロットルの奥にもう一つ・・・

IMG_4064

4ポートに分かれています。

ここも汚れは普通です。

IMG_4065

こんな感じなので特に分かり易く原因が見えません。

IMG_4066

各バルブの動きをチェックしてお掃除して再組付けします。

IMG_4067

地味な作業で・・・

この後の写真忘れました。

良い訳です。

汚れの分掃除後は隙間が増え空気が多く流れる様になるので、このままではアイドリングがかなり高くなってしまいます。

これを再学習させて試乗チェックです。

お預かり時エンストはしなかったのですが、アイドリングが低くなりクリープもパワステも重くなった事が有ったのですが、長めの試乗チェックをして症状は出なかったので、今回はここでの納車させて頂きました。

2週間後、今の所快調に乗れているとの事でした。

おそらくスロットルの汚れがたまに引っ掛かってアイドリングを上げたい時に上げれずにエンストしていたのかと・・・

この後も快調に走ってくれる事を祈りつつ・・・

恐らく試乗した感じでは大丈夫でしょう。


H19年 MNH10W アルファード 3.5L V6エンジン の修理でした。


 
株式会社ベル自動車工業ホームページ

当店Goo-net在庫ページ

当店カーセンサー在庫ページ

当店ホームページ在庫ページ

ベル自動車ブログ(当店整備工場の・・・)

当店フェイスブックページ 


IMG_4074

フィアット500Sの入庫です。

数少ないツインエアの5速マニュアル車です。

IMG_4051

入庫時にクラッチの交換が必要だった為、交換です。

上記新品クラッチキットを組み込みしました。

IMG_4054

クラッチはトランスミッションを降ろさないと交換が出来ないので、費用的には高額な部類のメンテナンスになります。

なので交換済みで大変お買い得になっています。

このアロ他にもお得ポイントが有ります・・・

上記はエンジンにクラッチを取付けた所です。

IMG_4052

クラッチを切ったり繋いだりする為のレリーズフォーク類も交換です。

クラッチキットとフォーク類で片手万円以上もします。

IMG_4053

中々見れない部分だけ有って、何の部分か分からないですよね。

ここがエンジンに付けたクラッチキットの中央に刺さります。

その後外した部品を元に戻し、最後に新しいミッションオイルを入れて完成です。

IMG_4068

おまけで??

タイヤを新品に交換しました。

お買い得ポイントの2つ目です。

車両価格と諸費用を入れた総額を見て頂ければトータル大変お買い得になっているのが・・・

是非・・・

是非・・・

よろしくお願い致します。


ちょっと専門店的な???

フィアット500ちょい門店でした。

 
株式会社ベル自動車工業ホームページ

当店Goo-net在庫ページ

当店カーセンサー在庫ページ

当店ホームページ在庫ページ

ベル自動車ブログ(当店整備工場の・・・)

当店フェイスブックページ 



IMG_3045

この度はフィアット500Sのご購入有難うございました。

色々とこの車種や固体についてご質問やご相談を頂きながら、ご契約頂いた中で・・・

この先必要になって来る整備など・・・

クラッチは距離的にもう少し持ちますが、所有される期間内には交換時期が来ると思いますと説明させて頂きました。

写真でミッションが降りているので・・・・

納車整備と一緒に交換をさせて頂く事になりました。


IMG_3046

ミッションが降りてエンジンにクラッチが付いている状態です。

デュアロジック車は何台も作業していますが、マニュアル車は少し作業的には楽です。


IMG_3048

クラッチディスクのアップ写真です、8.5万キロ弱でそれなりに減っています。

今回滑り等は無かったので、フライホイール側に問題も有りませんでした。

IMG_3049

新品のディスクです。

製造メーカーが違うので見た目が違いますので・・・

差が分かりずらいかも知れませんね。


IMG_3050

レリーズベアリングは特に異音もガタも無く至って普通の感じでした。

クラッチカバーのレリーズベアリングが当たる部分は、まあまあ減っています。

納車整備ですので、他の部分も整備をさせて頂きましたが・・・

いつもの様に写真を撮れていないので・・・

ここまでです。

この度はご購入頂き有難うございました。


おまけ・・・

フィアット500Sのマニュアル車ですが、当店での販売は初めてでした。

流通台数が少なく価格もお高めです。

流通台数が少ないのは、単に新車で購入されている方が少ないからです。

おそらく・・・

きっと・・・

先日仕入れに行った際に聞いたのですが、フィアット500のマニュアル車を多く扱っている業者さんが頑張って沢山仕入れをしてる事をお聞きしました。

(その業者さんから直接お聞きした話では有りません)

頑張ってと言うのは、他社さんより高くても落札して、他社さんに安く売られない様にマニュアル車を買い集める事で相場維持の為との事でした。

一瞬「っえ?」と思いましたが、凄いなとも思いました。

中々出来ない事なので。

この先もフィアット500自体の中古車人気は続くのかと思います。

当社も頑張って販売と整備をして行きたいと思います。

ちょっと専門店的な???

フィアット500ちょい門店でした。

 
株式会社ベル自動車工業ホームページ

当店Goo-net在庫ページ

当店カーセンサー在庫ページ

当店ホームページ在庫ページ

ベル自動車ブログ(当店整備工場の・・・)

当店フェイスブックページ 




IMG_1839
IMG_1814

冷却水が少し減るとの事でご相談を頂きました。

エンジンルーム内をチェックしても分からないとの事でした。

ただ乗っていると、においがしてくるとの事です。

なので室内側で漏れているとチェックした所、上の写真です。

良く見ると足元吹き出し口に赤い跡が・・・


IMG_1831

助手席側も同じく漏れ跡が有ったので、早速分解です。


IMG_1832

ヒーターコアです。

ここの中に熱せられたエンジン冷却水が循環しまわりの空気を温めて風が出ます。


IMG_1834

合わせ目より漏れが有りました。


IMG_1836

ケース内には漏れた跡が・・・


IMG_1837

キレイにお掃除して・・・


IMG_1838

新しいヒーターコアを組み込みます。

IMG_1839

組み込みが出来たら冷却水を入れて完成検査をして完了です。

冷却水はエンジンルーム内で漏れる事が多いですが、中には室内側で漏れることも有ります。

そんな時は・・・・


フィアット500のヒーターコア漏れ修理でした。




株式会社ベル自動車工業ホームページ

当店Goo-net在庫ページ

当店カーセンサー在庫ページ

当店ホームページ在庫ページ

ベル自動車ブログ(当店整備工場の・・・)

当店フェイスブックページ 

IMG_1687

前回からの続きで・・・

タービン交換して行きます。

見積りの段階では、すんなり外せるかと思っていましたが、思ったより手間取りました。

エンジンルーム上から・・・

下から・・・

IMG_1708

外れました。

途中の写真は・・・

ここでタービン不具合での重要なチェック事項が・・・

IMG_1703

オイルの配管です。

エンジン本体から、ここにオイルが入って来ます。

IMG_1704

ここから出てタービンに送られます。

ここで分かりましたか?

IMG_1707

入口側アップ写真


IMG_1706

出口側アップ写真・・・

入り口側はオイルで濡れてる感じですが・・・

出口側はガサガサにスラッジが付いています。

配管内が詰まりを起こしオイルが通らなくなっていました。

人間でいう血管内にドロドロになった血液(コレステロール)が内側にこびり付き、だんだんに詰まるのと一緒です。
オイルのメンテナンスが悪く汚れの溜まった汚いオイルが循環して今回の故障が発生しました。

順番的には・・・

①エンジンオイルメンテナンスが悪くオイルの配管につまりが発生。

②詰まった配管からオイルが供給されないのでタービンが潤滑出来ず焼き付き。

③焼き付きを起こしタービンシャフト部が破損してガタガタになり、異音とタービンの羽根が羽織人具を削って鉄粉が出る。

こんな感じです。

IMG_1723

結構地味な作業の繰り返しで物凄く時間が掛かりましたが、完成しました。

試乗チェックでエンジン本体にも影響は出ていない様です。

結構走行の多い車両でしたが、この後元気に走り続けてくれればと思います。

有難うございました。



株式会社ベル自動車工業ホームページ

当店Goo-net在庫ページ

当店カーセンサー在庫ページ

当店ホームページ在庫ページ

ベル自動車ブログ(当店整備工場の・・・)

当店フェイスブックページ 

↑このページのトップヘ